天然石からのメッセージを受け取るアクセサリ作家のブログです。

鉱物写真でリラックスのひとときを★インクルージョンとは

Facebookに、Amazing Geologist(驚きの地質学者)というページがあります。

とびきり美しい鉱物の画像やおもしろい記事の翻訳を
ときどきご紹介したいと思います。

ぜひ目の保養に!
ご一緒にうっとりしましょう~

スポンサーリンク

インクルージョンとは何か

(以下、ざっくり記事の翻訳です)

レインボー・ラティス・サンストーン、Mud Tank(オーストラリアのニューテリトリー)
Photo © Kathy Kirk

インクルージョン(内包物)とは、鉱物が成長する過程で内部に取り込まれたものです。

通常は、ほかの鉱物や石が取り込まれますが、水、気体、石油などが内包されることもあります。
アンバー(琥珀)には、虫や植物が内包されることもあります。

タンザナイトが針状になったインクルージョン
photo: Dawid Godziewski

インクルージョンのタイプ

液体のインクルージョン

成長の過程で液体が取り込まれたものと、鉱物の成長後に液体が侵入したものがあります。

インクルージョンは、鉱物の成長や成長した環境について、貴重な情報を与えてくれます。

気体のインクルージョン

液体のインクルージョンと同様に、成長過程で取り込まれる場合や後から侵入する場合があります。
また、気圧や温度の変化で発生することもあります。

固体のインクルージョン

固体のインクルージョンは、さらに複雑な状況で発生します。

もともとそこにあった結晶(液体に浮かんでいるなど)が、大きな結晶に取り込まれる場合、穴のある壁に沿って成長した結果、取り込まれる場合、液体や気体の一部が結晶した場合、温度や気圧の変化で結晶/再結晶が起こった場合など、さまざまです。

エチオピアのWeloオパールに見られるファントムインクルージョン
Credit: Castelltack

宝石という視点

インクルージョンは、宝石の価値を決める重要な要素です。
ダイヤモンドなど、石のクラリティを左右するインクルージョンがあると、石の価値は下がってしまいます。

一方で、スターサファイアなど、価値を上げるインクルージョンもあります。

珍しいカルサイトファントム(Verchniy Mine、Primorskiy Kray、ロシアの極東部)
Credit: Heritage Auctions


ファントムクォーツ(おそらく、二次的銅鉱物)


レインボーのエチオピアオパール
Credit: OpalAuctions

出典:Amazing Geologist

*****

一般的に、
インクルージョンって「インクルージョンがあります、ごめんなさい」
みたいな扱いですよね。

でも、石の歴史を物語るものでもあります。

「このインクルージョンはどうやって出来たんだろう?」
と考えれば、また違った見方ができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagramはじめました:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

カテゴリー

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
error: Content is protected !!