天然石からのメッセージを受け取るアクセサリ作家のブログです。

男性性と女性性のバランスと統合★アンダラクリスタルの持ち主さまのストーリー

今日は、アンダラクリスタルの持ち主さまから寄せられたメールをご紹介します。

こちらのペンダントの持ち主さまです。

いただいたメールのテーマは、男性性と女性性の統合。

3次元は2極性のワールドなので、
陰と陽、
男性と女性、
のような区分があるのですが、
最近、統合への動きが加速しているように思います。

特に、 男性性と女性性のバランスをとり、
自分の中で統合させようとしている方が増えています。

男性性と女性性のはざま

 

無事に女神のペンダントを受け取りました。
ありがとうございます。

開けた瞬間、何か荘厳な雰囲気がして、
頭にドーンと来るものがありました。

実はこちらの商品を購入する前から、
金星に関連するシンクロニシティは多く起こっていて。

なのでペンダントを買った時のメールに金星に関連があると書いてあって驚きました(^^)

このペンダント、持ち主さまが決まると、
金星」と言ってきました。

金星とはまさに美の女神。 女神ですね。

これより前にサラスバティのブレスレットを買った時、
デザインもすごく気に入っていましたが、

説明文にあった
東南アジア(バリ)で神様に花を供える女性たちのヴィジョンがかなり鮮明に見えてきました。

今回ペンダントを見た時に、
「女神とそれに仕える巫女」という説明文を見た時、
ブレスレットとペンダントはセットなのかも、と直感的に感じました。

直感が素晴らしいです~!

再会のタイミングは違っても、セットのアンダラが集まってくることはよくあります。

 

実は私はXジェンダー(ノンバイナリージェンダー)を自認しており、
普段はどちらかというと男性寄りの面が強く、
女性向けの服を着ると違和感を感じてしまう為、
女性が着ても違和感のないメンズ服を着ており、
女性寄りの面は出にくい傾向にあります。

どこかで女性になるのが怖いと思っていたのかもしれません

しかし、こちらのペンダントが届いた翌日、
しばらく会っていなかった友人からたまたまお誘いを受け、
ウィンドウショッピングへ行き、
普段なら絶対に入らないフェミニンで可愛い洋服がたくさんあるお店に入りました。

そして友人から色々とこれなら着やすいのではないか、
という服を色々オススメされました。

結局その日は何も買わずに終わりましたが、
その日から自分の奥底から

私も可愛いワンピースが着たい
という声があがってきています。

ワンピースは、女性性を象徴するお洋服ですね!

 

もちろん今でも男性寄りな時もありますし、
メンズ服を着る日もあります。

でもこれまでとは違い、
メンズ服を着る事に違和感を感じる自分、
フェミニンな服を着たいという欲求を持つ自分も表面化してきています。

これも女神のペンダントの力なのかな、と今は思っています。

長文失礼いたしました。 ただ、心境の変化がかなり大きかったので、ご連絡をさせていただきました。

 男性性過多だった私

私は、男性性過多で人生の多くを過ごしてきました。

一番の理由は、
父親に 「お前が男だったらなぁ・・・」と言われて育ったこと。

父は長男で、跡取りが欲しかったのでしょう。

ですから、「女であることは悪である」と思っていました。

バレエを習っている友だちを「気持ち悪い」なんて思ってましたねぇ。
スカートもはいていましたが、ジーンズがメイン。
ワンピースは、ピアノの発表会くらいでした。

そんな私に転機が訪れたのは、30代後半。
母を亡くしたことがきっかけで内面と向き合い、
「やっぱこれ、なんだか変だよね?」と。

私の個人的なケースでいえば、
女性性があまりに小さくて
、いろんなことを受け取れないのです。
受け取る力がとっても弱くって。

いろんなヘルプやサポートやラッキーがやってきても、
「いえいえ、私は強いですから、自分の面倒は見れますので。結構ですっ」という感じです。

今から考えると、もったいないことをしました・・・。

そして、
内面を覗いてみると、

私も髪の毛を伸ばしたかったなぁ・・・
バレエを習いたかったなぁ・・・
フリルやレースのお洋服が着たかったなぁ・・・ とまぁいろいろ出てくるわけです。

遅すぎることはまったくないので、
やってみたかったことを散々やりました。

髪の毛を伸ばして、
バレエではないけどフラダンスを習って(ステージで踊るチャンスにも恵まれました)、
レースやフリルの服を着たりして。

その結果、かなりバランスを取ることができました。

過去世が関係ある場合も

私の場合は父親が大きな原因でしたが、
過去世に原因がある場合もあります。

こちらの持ち主さまの場合:

もしかしたら女性故に抑圧された過去世があったのかもしれないです。

(過去世が見えるセラピスト曰く、仕えた家で虐待された下女?の過去世があるらしいです(^_^;))

あと私は前に前世療法を受けたときに見たのは、
ゲイの過去世で、
幼なじみの男性に死ぬまで片思いをしていて、人生を全うした時に来世は女性として愛する男性と幸せになりたいって願ったらしいです。

ただ慣れない女性の身体や習慣になれず、せっかく女性に生まれたのにそれを活かし切れてないのかもしれないですね(^_^;)

男性か女性どっちなのか、ではなく
自分の女性面を受け容れて、

これまで頑張ってきた男性面にもありがとうをして、
統合して行くのが今世のミッションの一つなのかもしれませんね(^^)

アフロディーテ、サラスバティ、イナンナ、イシュタル 、ヴィーナスと金星由来の女神様は世界中にいますが、
思いっきりサポート受けようと思います!

素敵です!

女性性や男性性のバランスを取ることで、
人生をもっとエンジョイできます。

二者択一は古い概念。 両方のバランスが大事です。

社会的通念の「男らしさ」「女らしさ」

3次元ではどうしても肉体というものがあり、
男性か女性かの二択になります。

すると、どうしても「社会的な通念」として、
女性らしさ、男性らしさが要求されたりしますよね。

うちの長男は、小さい頃よく「女々しい」と言われました。

幼稚園ではよく泣いたし、
友だちにおもちゃを取られても戦わないし、
一番のお気に入りの絵本は『私のワンピース』。

ママたちには「大丈夫?」なんてよく言われました。

女性性多めの長男も今は社会人。

そして、
会社で戦ってる男性性多めの女性にとってホっとできる存在らしく、 モテております(笑)。

このように、時代と伴に変わっていくもので、
特に現在は、境界線が曖昧になりつつあります。

単なるパッケージ

私は常々、肉体はパッケージのようなものだなぁ、と感じています。

お菓子って、いろんなパッケージのものがありますよね~。

クールでかっこいいパッケージ、
優しくふんわりしたパッケージ、
手の込んだデコレーションのパッケージ、
素朴な素材のパッケージ、
高級で美しいパッケージ、
丈夫で堅牢なパッケージなどなど。

肉体はパッケージのようなものです。

「パッケージがこうだから、中身はこうでなくちゃ」というルールはありません。

中に入れるものは、自由。

1つのフレーバーだけを詰め込むのもよいけど、
いろんなフレーバーを楽しむのってどうでしょう?

男性性と女性性のバランスや統合については、
いろいろな見解や考え方がありますが、

私は、
統合すれば楽になる、
そしてもっと楽しめる! と考えています。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
★ブログ:
天然石やスピリチュアルなことを発信しています。
トップへ

★Webショップ:
波動の高い石を厳選し、さらに波動を高める手法で巻いています。
持ち主さまは、私もびっくりの不思議を体験されています。
ぜひ、約束の石と再会してください。
こちらから

★Instagram:
毎日更新です!

★YouTube:
ペンダントやお守り石を全報告から確認できます。
こちらから

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagramはじめました:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

カテゴリー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
error: Content is protected !!