天然石からのメッセージを受け取るアクセサリ作家のブログです。

レムリアの忘れられた記憶のはじまり☆あるお客様のストーリー

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今日は、ペンダントをお買い上げいただいたお客様のストーリーをご紹介したいと思います。
かなり長文ですが、ぜひおつきあいください!

スポンサーリンク

スカイブルーのアンダラクリスタル


このアンダラクリスタルのカボション(左)は、インドネシア産

私のところに一番最初にやってきた記念すべきカボションです。

第一印象は、なんて美しいんだろう・・・・
一目惚れですな。

ペンダントにしようと思ったら姿を消してしまい、おろおろしました。
詳しくはこちら:

わざわざ冬至の日に出現して、
その日に巻いた(巻かされた?)ものです。

冬至は、太陽が寒い冬から春に向けて蘇る「始まりの日」。
始まりを予感させるアンダラです。

本当に美しくて・・・

「自分のものにしたい!」と思ったのですが、
アンダラの答えは、思いっきり「No!」でした、トホホ・・・

いったい持ち主になるのはどんな方でしょう?
興味津々でした~!

持ち主が決まりました

ショップにアップするときには、
少しでもアクセサリの特徴がわかるように、さまざまな詳細情報を掲載します。

その1つが、色です。

通常、このタイプの明るいブルーは「ピーコックブルー」なのですが、
このときはなぜか「スカイブルー」にしました。

「スカイブルーなんて、なんだかフツー過ぎない?」と、自分に突っ込みを入れながら・・・。

そしてWebショップに掲載後、
このアンダラクリスタルの持ち主が決まりました。
Rさんです!

メールで少しやりとりさせていただきました。

Rさん
綺麗なブルーの色が目に止まり、
ドキドキしました。

自分をしっかり持っているこのアンダラと相思相愛なんて、
本当にうらやましい限りです。
よいパートナーシップを育んでください!

Rさんからのメール

数日後、Rさんからメールをいただきました

Rさん
なぜかローズクォーツのペンダントが気になるんです。

Webショップに出していた、ローズクォーツのペンダントがなぜか気になる、と。

その後、迷われたようですが、
このペンダントもお買い上げいただきました。

**********

このローズのメッセージは「修復」。

このとき私は、ローズからのメッセージをこう解釈していました。

誰にでもキズはあるし、
インナーチャイルドの癒やしが不要な人なんていない。
おそらく、そういうキズを修復してくれるんだろうな。

でも、ちょとした「ひねり」があることが、後で判明します。

マダガスカルのローズ

このローズクォーツは、マダガスカルの光の波動を持っています。

私は、マダガスカル産の石がとっても大好きなのです。
しみじみ涙ぐんでしまうような波動を感じるんですね。


そして、Rさんがローズのペンダントの持ち主になったとき、
私、あることに気付いたのです。

*****

マダガスカル島マレー半島のあたり(インドネシアを含む)は遠く離れていますが、
生態系が似通っている点から、
昔はレムリア大陸の一部だったのでは、と推測されています。

アンダラとローズのふるさとは、同じ場所だったのですね!

ですから、インドネシア産のアンダラと心が通っているRさんが、
マダガスカル産のローズに惹かれるのは、当然といえば当然なのかも。

ブラジル産のローズであれば、興味がなかったかもしれませんね。

Rさん
以前に購入したローズクォーツがあるんですが。
どこのものか不明なのですが、心が通わないというか・・・

やっぱり当たっていたみたいです・・・。

スポンサーリンク

発送した帰り道でのこと

私もなんだかウキウキして、早速発送することに。
そして、発送を終えた帰り道でのことです。

ぼーっと信号待ちしていると。
ふわりとした風に乗って、何かが私に語りかけてきました。

このブルーは、マダガスカルやかつてのレムリアの空の青です

・・・・そうだったんだ!

これも納得。

というのは、その前のメールでRさんはおっしゃっていたからです。

Rさん
私はいつからか、空が広くて
青空がキレイな所に住みたいと思っていたので、
このアンダラに惹かれたのかな~

Webショップにアップするとき、
なぜか「スカイブルー」にした理由も
たぶんこれでしょう!

さらなる展開~数字の1と忘れ物

この日は、このメッセージを聞いてから
1111111のオンパレードで。

時計の時刻や車のナンバーなど、いやぁ、面白かったです~

エンジェルナンバーでいえば、1の意味は「思考」や「現実化」、

数秘では「始まり」ですね。

いったい何が始まるのでしょう?
そして、どのような思考が現実化するのだろう・・・

*****

同じ日、自転車で買い物に出かけると、
前を歩いてらしたおばさまが、ポトンとメガネを落とし、
私が拾いました。

そのすぐ後に、
私の自転車のカゴから落ちたレタスを、別の方に拾っていただきました(笑)

この2つのことが、2時間くらいの間に連続して起こったのです。

私は、
誰もが「これ、忘れてますよ」と声をかけ、かけられる。
それによって、忘れた何かを思い出す作業であるように感じました。

翌朝の夢

翌朝、眠りと覚醒の間にいる一瞬に、夢らしきものをみました。
例によって詳細は忘れてしまったのだけど、
メッセージははっきりと覚えています。

それは:

「修復」とは、忘れたものを取り戻すことです。

「そうだったんだ!」と、バチっと一気に目が覚めました(笑)

点と点がつながった!

一連の流れをまとめると、こんな感じです。

*****

レムリアの人であるRさんは、レムリアの青い空を記憶の奥底にもっていました。
そんなとき一目惚れしたのは、
レムリアの青い空、
スカイブルーのアンダラクリスタル。

このアンダラとRさんが出会い、引き合います。
すると、レムリアの記憶がかすかに振動を始めました。
しかし、すっかり忘れているわずかなその記憶・・・。

遙か昔のレムリアにいたRさんと、
スカイブルーのアンダラが、
青い空でつながっていたローズをさらに引き寄せます。
ローズは言います。「忘れたものを取り戻す手助けをしてくれる」と。

そしてこれは、さらなるストーリーの始まり(数字の1)。

そもそもこのアンダラクリスタルは、
自ら、始まりの日である冬至を選び、ペンダントとして誕生していたのですから。

レムリアは消滅してしまったように見えますが、
私たちのハートの中に存在しています。

思考が変われば、
現実化するのではないでしょうか(エンジェルナンバーの111と1111)。

これからさらにシンクロと加速が進みそうですね~!

まとめ

今回の出来事は、私にとっても「思い出す」作業だったように感じます。

大きな気付きがありました、
本当にありがとうございました、Rさん!!!

これからも、ハートで感じたとおりに
アクセサリを作って行こう!と思います。

あーん、1日中作っていたいです~~~(笑)

長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆さまのハートの中にあるレムリアがキラキラと輝きますように。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagramはじめました:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

カテゴリー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
error: Content is protected !!