天然石からのメッセージを受け取るアクセサリ作家のブログです。

台湾の占い師★まるで予言だった驚愕の鑑定内容

こんにちは!
さて、私は奥様業を2回ほど挫折しておりまして、現在シングルでございます。

時は1999年、2回目の結婚前(結婚する予定だけど、まだ籍は入れていない状態)。
やはり心は揺れますよねぇ。
どっちかというと、バツは少ない方がいいですし・・・。

というわけで今日は、「ものすごい占い師がいるよ!」という知人の紹介で、
わざわざ台湾までいったお話です。

スポンサーリンク

当時、幼稚園に通っていた子供を休ませて、台湾旅行をかねて鑑定へ~

ふつーのおじさん

所定の日時に指定された場所へ。
それは、薄暗い喫茶店でした。

座っていたのは、ちょっとしょぼくれた感じのおじさん。
眼光だけは鋭い、という感じで・・・。

英語はだめとのことで、台湾語と日本語を理解できる通訳に入ってもらうことにしました。

通訳の人性に、結婚する予定の相手の生年月日と時刻を告げると、
「えっ!!」とびっくりされました。

生年月日と時刻からその人の人生がわかってしまうので、
台湾では他人には絶対教えないのだそうです。

鑑定は、誕生の日時、手相、名前など、いろんなものを総合した占いのようでした。

「結婚はやめなさい」

まず最初言われたのは:

この人と結婚しちゃだめ

「2001年に最高の人が現れるから、それまで待て」と。

さらに:

この人と結婚してもどうせ別れることになるし、2001年の最高の人にも出会えなくなる

私は困っちゃいました。

だって、もう結婚する予定だし。
さすがに「占いでダメって言われたから結婚はやめるわ~」なんて言えないですもん。

さらに、とんでもない内容

私が「そんなこと言われてもなぁ・・・・今さらねぇ・・・・」と考えている間も、鑑定は続きます。

2001年に、近い親戚が亡くなります

当時は、祖父母が4人とも健在だったので:

おじいちゃんかおばあちゃんですか?

ところが!

もっと近い人が亡くなります

まじか????

私の解釈

さてさて。

「もっと近い」とはどういう意味でしょうか。

祖父母は2親等。
兄弟も2親等。

それより近いってことは、1親等ですよね。

つまり、父、母、子供です。

当時、父と母は60歳にもなっていないし、ピンピンしています。
父は毎日ジョギング、母はゴルフ大好き。

長男は4歳で、毎日元気に幼稚園へ。

持病なんかもないし・・・。

スポンサーリンク


「まさか事故?」という考えがちらっと頭をかすめたけど、私は脳内で、
次のどっちかだな、
と結論を出しました。

1)鑑定が当たっていない
2)通訳の質が悪い

いずれにしても、「鑑定は当たってない」と思ったわけですよ。

その後も鑑定は続いたのですが、話半分に聞き流し、
メモも取らずに終わりました。

2年後の衝撃

帰国し、占い師のアドバイスを無視して結婚して、そこそこ普通に生活していたある日。

2000年9月、母に末期の膵臓ガンが見つかって。
2001年4月、あっという間に亡くなってしまいました。

お葬式が終わってしばらくしたとき、ふっと思い出したのです。
台湾での鑑定を!

1999年だったので、「2年後にもっと近い人が亡くなります」は当たってしまった。
母だったのです!

鑑定はずばり的中してしまったのでした。

さらなる衝撃

「これはもはや占いではなく予言だ!」とびっくりした私は、

「他に何を言われたんだっけ?」
と、鑑定内容を必死に思いだそうとしました。

メモもとっていないし、いいかげんに聞いていたので、
記憶に頼るしかありません。

でも、たった1つ思い出せたことがあったんですよねぇ。

あなたは3回結婚しますよ~

鑑定中は衝撃すぎて、「あー、この人、ほんとに当たらないわ!」と思ったのでした。

だってさっ、鑑定を受けたときは、
「これから2回目の結婚をするぞ」
というタイミングですよ。

そんな人に「3回する」なんてねぇ。
そもそも3回結婚するなんて、私には非現実的でした。

でも、あまりに非現実的だったので、記憶に残っていたのです。

結局、2回目の結婚も終わりを迎えましたので、「離婚するよ」も的中ですっ!(お見事! 涙)

つまり、状況的には、3回目の結婚が「可能な」状況ではあります。

しかも、結婚に適齢期なんてないですよね、はい。

「え、3回目?いいじゃないっ!」と言ってくださる方もたくさんいるけど、
果たしてそうなのか?

私、夫婦が年老いて仲良く暮らせるのは、
それまでの長い年月の積み重ねがあるからだ、と思っています。

あと、結婚って、親戚がもれなくついてくるしね。

「人生死ぬまでチャレンジだ!」とは思っているけど、
人生の第3コーナーを回ったであろう今、こういうタイプの(つまり、苦手分野の)チャレンジはボディにじわじわ堪えそう・・・。

ときどき、「もう一度鑑定をお願いしたいなぁ」と思ったりするのですが、
紹介してくれた知人とも縁が切れてしまっているし、
占い師の名前は当然思い出せません・・・。

どうか、お気楽シングルライフが永久に続きますように・・・

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆さまの毎日が輝きますように~!

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagramはじめました:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

カテゴリー

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
error: Content is protected !!