天然石からのメッセージを受け取るアクセサリ作家のブログです。

日光の輪王寺の護摩焚きに感動

先日、日光に一泊で行ってきました。

目的の1つが、輪王寺の護摩焚きです。

11時からの護摩焚きに間に合うように出ました。

日光は、雪がちらついておりました!
浄化の雪か・・・。

こちらが大護摩堂(お借りした画像です)。

ブログに書く予定はなかったので、まったく写真を撮っておらず・・・。

護摩堂はとっても大きな建物で、
中にはずらりと座席が並んでいます。

混雑する時期にはすごい人数が詰めかけるのでしょう。
でも、季節柄か(12月半ば)、15人ほどでした。

お堂の前方に、
「七福神」や「十二天」など、約30体の仏様や、祖子像が祀られています。

まだ時間があったので、
端からご挨拶していったのですが、
途中で、サードアイがきゅ~んとなった仏像がいらして。

調べてみると「日天」(太陽の神)でした。

護摩堂はきっちりドアが閉まる構造ではないので、
ほぼ外気と同じ温度・・・

ブランケットを貸していただけます(もちろん、これだけでは寒いのですが)。

しばらくすると、お坊さんが登場。

もちろん素足です。

さ、さすが、修業した方は違うなぁ・・・と思っていると、
マスクをしていらっしゃる。

風邪気味なので、
皆さんにうつさないように、との配慮です、という説明がありました。

とても優しい声で、
前方の神様の説明をしていただき、いよいよ護摩焚きです。

お経が始まると、
場がガラっと変わった感覚がしました。

先ほどとはまったく違う力強さにびっくり!

お堂に響くお経の声を聞きながら
燃え上がる炎を見ていると、
時間が止まったような不思議な感覚にとらわれました。

何かが身体の中で回転していく感じ・・・

途中で、ものすごく暑くなってコートを脱いだり、
逆に寒くなってコートを着たり・・・。

エネルギーがすごく動いている感覚。

終盤にさしかかると、
お坊さんは祈願のお札1枚1枚を手に取り、
「なんとかなんとか、エイっ」と、祈祷してくれます。

霊験が宿った!という感じがします。

一般的な神社などでは、
全部を並べてさら~とする感じなので、
これにはびっくり!

混んでいるときは、大変ですよね、きっと。

さらに最後に、
お札だけでなく、参列者にも数人ずつまとめて「えいっ」とやってくれます。

全工程1時間ほど。
とても丁寧で本格的な護摩焚きでした。

私はここで、なんと時間切れ!

東照宮にお詣りもぜず(!)帰宅です・・・とほほ。

次回はもう少しのんびりしたいなぁ。

不動明王が、しっかりと煩悩や業を焼き払ってくださった!
という実感のある護摩焚きでした。

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagramはじめました:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

カテゴリー

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
error: Content is protected !!