天然石からのメッセージを受け取るアクセサリー作家のブログです。

写真で伝えるメッセージ★アンダラクリスタル

今日は、こちらの石の持ち主さまが寄せてくださったメッセージです。

構図が同じ

もう、無事に買えて、良かったです~。

今回は、昼寝から目が覚めてブルーインクリュージョンのInstagram写真見たら私を買ってね!と言われたのでなんでだろう…?とギリギリまで見てたら、なにか見覚えが。

ページ開いてる本の上…? キャットウォークじゃん!! と、思い出しました。
最初に購入した自分に優しく★ ピンクさんといっしょ!!

こちらの石です。
こちらは、形や研磨がほかの石とはまるっきり違っていて「尖ってるなぁ」だったのですが、写真の構図も個性的(笑)

もう、びっくりして。

特徴的過ぎて私のだと思いました。
念の為、他に本のページの上の写真あるかな…?と、ページ戻って見てたら過去販売されてた違うブルーインクリュージョンの石の写真がくるくるロード画面、、、
君の買うのはこの色だよ?と言われたようでした。

そして本の表紙に乗ってる子はたくさんいるけどページの上は乗らないよ、と…
そうですよね、落ちるもんね。

これは確かに私のだ、と。思ったものの。
買えましたメール来るまでは緊張でした。

凝った構図って好き嫌いもあるので、石がアピールする先もピンポイントだったりします。

個性的な石が個性的な持ち主さまにアピールする・・・。
ピンポイントでアピールした結果、きちんとメッセージが届いていたようでよかったです~!

最初の写真

インスタに掲載している写真は、使う小物や構図など、石におまかせしています。

ネットショップを運営するにあたって、写真はド素人だったので、カメラ、写真、画像処理など、ほんとにいろんな先生に習いました・・・。
そのぶん知識は増えたけど、実際のところ、得た知識をあまり活用していないかもしれません。
というのは、一緒に写る小物や構図は、ほぼ石が決めているからです。

私が作るアクセサリーは、花が好きです。

花をいろいろ買っておいて、その中から石が選ぶ、という感じなので、 私がやることといえば、たぶん30秒くらいで終わってしまいます。
ただ、時々こういうちょっと凝った感じの構図がお好みの石もいるんですよね。 

写真から受け取る印象

写真を見た瞬間の「好き・嫌い」はとても参考になるんじゃないかな、と思っています。

「好き」はもちろんですが、「嫌い」も参考になるんですよ。
というのは、「何か」に触れたからこそ感情が動くからです。

「大好きな色」で現実を大きく動かした方がいる一方、「本来なら絶対に買わない色」が大きな変容を促すケースもたくさんご報告いただいてます。

こう考えると、持ち主さまが一番よくわかっていらっしゃいますね。
やはり、石は人に選んでもらうものではないなぁ~と実感します。

写真か動画か

最初の写真は「プロモーション写真」のようなものなので、印象を最優先で撮っています。
これに対して、Webショップに掲載しているほかの写真は「実物を正確に伝えること」が最優先だと心がけています。

本来ならば動画の方がわかりやすいのかなぁ・・・と思うのですが、動画だとなんだか色がちょっと違って写ったりするので考え中です。。。

いずれにしても、「実物の方がキレイ!」と言っていただけるような写真にしたいです。

素敵なシェア、ありがとうございました! また、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

★Webショップ:
波動の高い石を厳選し、さらに波動を高める手法で巻いています。
持ち主さまは、私もびっくりの不思議を体験されています。
ぜひ、約束の石と再会してください。
こちらから

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagram:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

アーカイブ

error: Content is protected !!