天然石からのメッセージを受け取るアクセサリー作家のブログです。

アーユルヴェーダの食事とセラピーが始まる

診断

アーユルヴェーダでは、まず医師の診断があります。

その後、それぞれに合わせた食事が出てきます。
もちろんベジタリアン。

というわけで、こちらは、最後の「普通の」食事。

ひよこ豆のカレー、バナナのカレー、ライスプディング(なんだか好きになっちゃったくせになる味)、カボチャとヨーグルトのスープ。

医師の診断

担当のお医者さんは女性でした。

どんな目的で施術を受けるのか、なにか気になる症状はあるか、家族に病気の人がいるか、飲んでる薬はあるか、などなどを質問されました。

目が乾きやすいこと、喉が弱いことを伝えました。

施術

最初の施術は、オイルマッサージ。
担当はモニカさん、滞在中はずっと担当してくれるそうです。

部屋にはヒーターの上にフライパンが置いてあって、これでオイルを温める模様です。
全裸になって紙パンツ。
裏表をマッサージされました。

頭の先から足の先までオイルまみれになります。

オイルはナチュラルなものなので、いわゆる「いい香り」がついているわけではなくって。
治療用のオイルだからでしょうか。

終わったらサウナのような部屋に入って、終わり。
バスローブで部屋まで戻り、シャワーでさっぱりしました。
施術はその時によっていろいろ変わるようです。

食事

食事は人によって違うし、診断内容によるので、
「あ、おいしそう、一口ちょうだい」ができません。

朝食、昼食、夕食のほかに、お茶スナックがあるので、合計6回、なにかを口にすることになります。

1日のスケジュールと、何を食事の内容は決まっていて、スケジュールが渡されます。

インドはパクチーが入ったものが多いのですが、私は苦手なんですよー。
ヨーグルトもいまいち好きじゃなくって。
「パクチーとヨーグルトは使わないメニューで」とお願いしました。

ちなみに夜はこちら。
スケジュールには「Moong dal khichari」と書いてあります。
なんだかわからないけど、豆なのかな?
おいしくて、それほど辛くないのにポカポカ。
汗が出てくる。

今朝はこちら。
パパイヤジュースと、薄いチヂミみたいなもの。

じっくりゆっくり食べると、それなりに満腹感はあるかな。
美味しいです。

 

スポンサーリンク

関連記事

プロフィール


はじめまして、石田莉乃です。


幼い頃から感じていた違和感と、「どこにも帰属していない」という孤独感。 その理由は、ワンダラー(宇宙から転生した魂)であるからだとわかりました。


地球での過去世は、魔女、ハーブ使い、占い師、シャーマンなどなど。 幼稚園の頃から、庭を手入れして花いっぱいにし、 クリスタルとは20年以上のお付き合いです。


「天然石のパワーを活かして豊かな毎日を過ごしていただきたい」 という思いから、大人のためのスピリチュアルを提案します。

プロフィールはこちら!

Instagram:

Webショップ:

お問い合わせ

ekuu-crystal★za2.so-net.ne.jp

★を@に変えて、メールくださいませ!

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

カテゴリー

アーカイブ

error: Content is protected !!